あなたのキャリア・アドバイザー紹介

何を最優先すべきか、その方らしさを活かせる職場はどこか

キャリアアドバイザー
キャリアアドバイザー

何を最優先すべきか、その方らしさを活かせる職場はどこか

齋藤 未沙 Misa
Saito
資格/ホームヘルパー2級

Profile/プロフィール

前職では、予備校で生活・進路指導を行うチューター業務をしておりました。勉強の事だけでなく、家族・恋愛と様々な悩みを持つ『浪人生』の話を聞き、希望する進路へ導いて参りました。

自分自身通ってきた道ですが、年齢・環境が違うだけで様々な悩みがある事を実感しました。また、同時に『希望している進路へ導く手助けをする事』にやり甲斐を感じました。

そういった経験が、今の仕事に繋がっています。情報が錯綜する現在、何を信用すべきか判断するのが難しくなっています。

私自身転職を経験していますが、友人・ハローワーク・インターネット等様々な情報を頼りに職場を決めてきました。それだけではわからない職場の雰囲気や待遇、働いている職員さんのことなど『考えていたのと違った』と後悔することのないよう導いていければと考えています。

Message/メッセージ

求職者の方の中には
『1人で子供を育てる事になった』
『親の介護をしながら』
『子供の保育園を同時に探しながら』
『55歳だが正社員として働かないといけない』
と様々な環境の中、ご相談にいらっしゃいます。

そういった環境の中、お一人で仕事を探すと、焦りから『何かを犠牲にして』職場を選んでしまうことがあると思います。何を最優先すべきか、その方らしさを活かせる職場はどこか、様々な角度から質問することで導いていければと常日頃考えています。

現在、私は2人の子供がおり、時短勤務をさせて頂いています。そういった環境だからこそ、勤務制限のある方の気持ちをよりリアルに感じることができます。また身内に介護従事者がおり、介護現場の厳しさや家族に与える影響も肌で感じています。

求職者の方が『笑顔で仕事ができる環境』も非常に大事なことです。しかし、その笑顔があることで安心するご利用者様だけでなくご家族がいらっしゃいます。その事を忘れずに皆さまをサポートして参ります。

このページのトップに戻る