使いこなせば介護の負担が軽くなる!「ICT」とは

使えるハウツー

ICTを利用する介護スタッフ
「ICTの導入で介護の負担を軽く」「介護業界もICT化を進めるべき」などと聞いたことはありませんか?なんだかハイテクな印象を与える言葉、「ICT」。でもあらためて「ICTとは何?」と聞かれると、わかりやすく説明できる人は少ないのではないでしょうか。

ICTとは、通信技術を使って人と人、人とインターネットが繋がる応用技術。日本語にすると「情報通信技術」となり、IT(情報技術)とほぼ同じ意味です。ただ、そんな抽象的な言葉を並べられてもピンときませんよね。今回は、介護業界におけるICTをわかりやすくイメージしてもらえるよう、具体例をお伝えしていきます。

実は、書類仕事やスタッフ間の伝達事項が多い介護業界は、ICTと相性のよい業界。活用次第で働く人の負担をグンと減らすことが期待されています。機械は苦手という方も、まずはICTの基本知識を知るところから始めていきましょう。

介護業界で活用されているICTとそのメリット

タブレットを持つスタッフ

センサーによる見守り

老人ホームなどの入居型介護施設で、ベッドのマットレス下や室内の壁、トイレなどにセンサーを取り付け、居室内の状態をリアルタイムでデータを解析。スタッフが訪室しなくても、「睡眠中」「活動中」「トイレにいる」など、その方の様子や生活リズムを把握することができ、スタッフの負担を減らしながらケアの向上にも繋げることができます。

また、心拍や呼吸などの異常を発見し、アラートで知らせるといった機能もあります。疾患の可能性にいち早く気付くことができたり、スタッフが少なくなる夜間帯にも活躍します。

タブレットを使った情報共有システム

利用者様の情報を電子化して管理できる、介護事業専用の情報共有システムがあります。ケアを行った介護スタッフが、直接タブレット端末にプルダウン形式で記録を入力でき、今まで書類作成にかかっていた時間を大幅に節約できます。

また、タブレットにはカメラがついているので、言葉では表しにくい状況も写真撮影で客観的に記録できます。新米介護スタッフさんでも、こうしたツールがあれば心強いですね。

さらに、記録がペーパーレス化されるためスタッフ間での情報共有がしやすくなり、集計や検索などの作業がカンタンになるという利点もあります。もう書類の保管場所に困ることもありません。

スマホで出退勤の登録ができるシステム

利用者様の自宅を訪問する訪問介護では、ホームヘルパーがあちらこちらと移動しなくてはなりません。出退勤のタイムカードを押すためだけに、事務所に立ち寄るのは大きな負担。そんなときに役立つのが、スマホからの連絡で出退勤を管理できるシステムです。

勤怠管理にこうしたシステムを使えば、労働時間や給与の計算も自動化でき、事務作業も大幅に効率化することができます。

スタッフ間のコミュニケーションを支援するシステム

訪問介護では、基本的にホームヘルパーが1人で利用者様の自宅でケアを提供するため、タイミングによっては連絡が取りづらかったり、伝達にミスが生じたりすることも。そんな悩みもICTで解決することができます。

ホームヘルパーがそれぞれシステムを導入したタブレット端末やスマホを持って仕事を行い、連絡事項はこのシステムを通じて行います。全員で共有したい情報や、特定のスタッフに急ぎで知らせたい指示など、さまざまな情報が発信・確認しやすくなります。

訪問介護だけでなく施設での介護でも、こうしたコミュニケーションツールを活用すれば、単純な申し送りのためだけに行っていた朝礼などは必要なくなるかもしれません。

介護ロボットの活用

介護ロボットにはいろいろな種類がありますが、いずれもコンピューター制御や通信機能を備えているため、ICTに含んで考えることができます。

たとえば移乗や排泄、入浴などを支援してくれる介護業務支援ロボット。重作業時に腰にかかる負担を軽くしてくれるパワーアシストスーツなどもICTに分類され、介護スタッフの体力的な負担を軽減する効果が期待されています。

そのほか、利用者様の癒しや見守りに役立つコミュニケーションロボットも、注目されている分野です。要介護者の精神状態を安定させる効果が知られており、それにより問題行動が減れば、介護スタッフの負担も軽くすることができます。

ICT導入のデメリットや注意点は?

上記で述べたように、ICT導入には様々なメリットがあります。しかしその一方で、デメリットや注意点も存在します。

まず大きいのは費用の問題。ICTを導入するには、機器やシステムを整備するため費用がかかります。また、沢山のシステムの中からどれを選べば良いのかわからなかったり、導入時に一時的に作業量が増えて負担がかかる、といった問題もあります。

こうした問題がICT導入の足かせになっている場合に役立つ、国の支援制度があります。それが、中小企業支援政策として実施されている「IT導入補助金」や、「IT経営簡易診断」など。

とくに、自施設で抱えている問題にマッチするICTの選択は素人には難しく、専門家のアドバイスが欠かせません。IT経営簡易診断は、ITの知見を持った専門家が訪問・面談のうえ、無料で提案をしてくれます。興味があればぜひ詳細を確認してみてください。

>独立行政法人 中小企業基盤整備機構ホームページ

少子高齢化で働き手不足が深刻化するなか、生産性アップの切り札として注目されているのがICT。介護と似た分野である保育業界でも、乳幼児突然死症候群を防ぐための見守りセンサーや、保護者との連絡などにICTが取り入れられ、保育士の負担軽減に役立っています。そのほかにも医療から接客業、製造業など、多くの分野で現在導入が進められています。

ICTを使いこなし、現場に笑顔を増やしていこう

介護とICT
ベテラン介護スタッフのなかには、タブレットやスマホ操作に慣れていない人も沢山います。いざICTを導入しようとしても、そういった人達から同意を得にくいこともあるでしょう。結果、せっかくお金をかけてICTを導入しても、現場で活用されない状況に陥りかねません。

とはいえ、ICTはこれからの介護には必要不可欠になっていくもの。現場の抵抗感をなくし、介護業界のICT化を進めるためには2つの方向性があります。
ひとつはソフトウエアやロボット開発者が、現場の声に耳を傾け、それに沿った開発をしていくこと。もうひとつは介護スタッフ自身が、ICTを活用することで介護の負担を減らし、結果として利用者様の笑顔に繋がると実感すること。どちらかひとつではなく、この2つが車の両輪のように同時に回っていくことが必要です。

ICTは使ってみれば難しくはありません。慣れれば現場の悩みを解決し、負担を楽にしてくれるものです。新しい技術を前向きに取り入れ、業務効率化とサービスの質の向上を目指していきましょう。

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。