高齢者の健康を守る!上手なオンライン診療の取り入れ方

使えるハウツー

オンライン診療を受ける女性
オンライン会議やオンライン帰省など、コロナ禍で注目を集めるようになった「オンライン○○」。離れていても相手の顔を見ながら話ができる、とても便利な仕組みです。とくに自宅にいながら医師の診察が受けられる「オンライン診療」は、通院が必要だけれど感染リスクはできるだけ抑えたい高齢者にとって、ぜひ活用していきたいシステムですね。

でもいざやってみようと思うと、「かかりつけのクリニックでオンライン診療できる?」「薬はどうもらうの?」「支払はどうするの?」などなど、たくさんのハテナがわいてくるかもしれません。今回はそんな疑問にひとつずつ答えていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

オンライン診療の手順

スマホを操作する高齢者
(1)医療機関を選ぶ
オンライン受診では、医師との信頼関係やこれまでの経緯などもありますので、普段からかかっているかかりつけ医や受診記録のある医療機関を選ぶのがおすすめ。ただ、現在は新型コロナウイルス感染拡大にともなう暫定的な緩和措置により、初診でもオンライン診療を受けられるようになっています。

初診の場合も、場合によって直接の来院を指示される場合もありますので、遠方ではなく通院可能圏内で探す方が良いでしょう。受診したい医療機関が決まれば、電話・オンライン診療を行っているかどうかを確認します。医療機関のホームページを確認したり、直接窓口に電話して聞いても良いでしょう。

(2)診療予約
オンライン診療を行っていることが確認できれば、診療予約を行います。医療機関によっては、オンライン診療専用のアプリを導入している場合があります。予約の方法はアプリによって異なりますが、多くの場合は下記のような流れになります。

1.お使いのスマホやパソコンに、アプリをダウンロードする
2.メールアドレスや名前、パスワード等を登録する
3.アプリ内で問診に入力し、予約を確定する

電話診療の場合はよりシンプルで、口頭で保険証などの情報を伝えて予約すればOKです。

(3)診療
予約時間の数分前から、通信状態の良いところで待機しておきましょう。電話の場合も同様に、電話を取れる状態で待ちます。手元には保険証とメモを準備しておきましょう。医師とつながったら、本人確認をして診療が始まります。薬が処方される場合は、処方箋を自宅に郵送してもらうか、近隣の薬局にファックスするかなど希望を伝えます。

(4)支払
支払方法は銀行振込やクレジットカード、電子決済などいろいろな方法があります。医療機関によって異なりますので、指示に従って行いましょう。

オンライン診療が受けられる医療機関

コロナ禍以前、医師がオンライン診療を行うには、厚生労働省が定めた研修を受ける必要がありました。しかし新型コロナの感染拡大を受けて暫定的にルールが緩められ、現在は研修を受けていなくてもオンライン診療を行うことが可能になっています。あなたの地域にも、きっとオンライン診療に対応している医療機関がありますよ。

「パソコンやスマホを使って難しい設定をするとなるとハードルが高くて・・・」という方には、いつもの電話で診療が受けられる電話診療がおすすめ。こちらも同様に、対応している医療機関が増えていますので、ぜひ下記ページをチェックしてみてください。

>電話・オンライン診療 対応医療機関リスト(厚生労働省ホームページ)

オンライン診療・電話診療での注意点

オンラインや電話では、医師は限られた情報のなかで診断を下すことになるので、正確に必要な情報を伝えることがとても大事です。また、電話や通信を切った後に「あっ、あれも聞いておけば良かった!」とならないように、伝えたいことや聞きたいことは事前にメモしておきましょう。

《医師に伝えるメモの項目例》
・今回の症状(いつから、どこがどのように)
・気になること、心配なこと
・以前から治療中の病気のこと
・今飲んでいる薬のこと
・アレルギー、薬の副作用
・これから気を付けること
・今後の受診予定

少しでも疑問に思ったこと、分からないことは遠慮なく質問しましょう。たとえば、「○○をしても大丈夫でしょうか」「○日後に○○○があるのですが、注意することはないですか」など、できるだけ具体的に。ビデオ通話であれば、事前に書いておいたメモを見せながら話をしてもいいですね。そして次の診察時には、前回の診察時から変わったことも伝えましょう。

オンライン診療のメリットとデメリット

オンライン診療の一番のメリットは、移動時間や待ち時間がほぼゼロということ。予約をした時間に診察が受けられるので、「通院に長時間かかりヘトヘトに疲れてしまう」といった事態を避けることができます。また、人と接触することなく診察を受けられるのも、感染症が気になるご時世には大きなメリット。

薬を自宅に届けてもらうこともでき、診察の後に薬局で待たされることもありません。高齢者本人にとっても、付き添う人にとっても、いいことづくめのように思えますね。

ただ、デメリットもいくつかあります。ビデオ通話や電話での診察の場合、医師は音声や画面からしか情報を得られず、全身の状態を詳しく見ることができません。またその場での触診や処置、血液検査などの各種検査ができないことや、薬が手元に届くまでに時間がかかるといったデメリットも。

「急に悪化した」「なんだかいつもと様子が違う」というときは、迅速な処置が必要な場合もあるので、対面して診察を受けるのがおすすめです。このほか、症状や処方される薬によっては、対面による診察や服薬指導が必要になることも。「慢性の病気で症状も安定している人」はオンライン診療向きと言えますが、その場合も常にオンラインで対応可能なわけではないことに注意しておきましょう。

そしてもうひとつのデメリットは費用面。オンライン診療の場合、アプリ使用料や、情報機器の運用費、処方箋の送料などが加算されることがあります。金額は医療機関によってまちまちですが、数百円から数千円かかる場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

対面とオンラインをバランス良く取り入れよう

オンライン診療をする医者
今、高齢者の間では新型コロナ感染を恐れる心理から、医療機関の受診控えが起こっています。そのため、とくに地域の公立病院や開業医で経営が急激に悪化しているところがあり、医療提供体制への影響が心配されています。

高齢者自身にとっても、受診する必要があるのに先延ばしにしていると、たとえ慢性の病気でも悪化や合併症のリスクが高まるなど良いことがありません。

多くの人と接触する必要がないオンライン診療なら、感染への不安なく、医師の診察を受けることができます。ネット環境がない、必要な機材がない・・・そんな場合もあきらめず、電話診療という手段を試してみてください。

ただし、「いつもと明らかに様子が違う」「すぐに対応してほしい」・・・そんなときには速やかに医療機関を対面受診しましょう。病院では医療のプロが消毒や換気を徹底し、万全の感染対策を行っています。過度に心配しすぎず必要に応じて、オンライン受診と対面での受診をバランス良く取り入れていきたいですね。

“かいごGarden”は、介護職に特化した人材サービスを行っている
ツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。

介護のお仕事をお探しの方、お悩みの方はぜひ、ツクイスタッフにご相談ください!

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。