老人性円背とは?介護職が知っておきたい対応のコツ

使えるハウツー

杖をつくシニア女性を介助する女性介護職員

お年寄りのなかには、腰や背中が大きく曲がって猫背になっている方がいらっしゃいます。これは「老人性円背(えんぱい)」といわれる状態で、進行すると仰向けで寝ることができなかったり、座るときに尻もちをつきやすかったりと、生活するうえでさまざまな支障が出てきます。

今回は、介護職が知っておきたい老人性円背の原因や、進行させないためにできること、安全で痛みの少ない対応のコツ等についてご紹介していきます。腰が曲がってしまっても、その方らしくイキイキと生活できるよう、正しい知識を持ってサポートをしていきましょう。

老人性円背とは

老人性円背とは、高齢者の背中や腰が大きく曲がり、固まってしまっている状態のことです。女性に多くみられる症状で、ふだんは痛みがないことがほとんど。しかし脊椎に負担がかかるようなケアを行うと強く痛むことがあります。また筋肉に負担のかかる姿勢を続けることで、曲がり具合が強くなり円背が進行することがあります。

円背が進行すると、仰向けの状態になれないために左右への寝返りが難しくなったり、顔が下向きになるために視界が狭まり、前が見えにくいなどの問題が出てきます。また前後の体重移動もうまくできず、尻もちをつきやすくなってしまいます。痛みがないからと放っておくのではなく、これ以上進行させないために、適切なケアを行う必要があります。

老人性円背の原因

倒れて膝を痛めているようす

多くの場合、高齢者の円背は加齢によって椎間板が変性したり、骨粗しょう症で骨がもろくなったことが原因です。また、尻もちをついたりして起こる胸腰椎圧迫骨折も原因のひとつ。いずれの場合も椎体がつぶれた状態で固定してしまい、腰や背中が曲がった状態で固まってしまいます。

とくに骨粗しょう症の場合は、「いつの間にか骨折」とも言われるように骨折しても痛みが強くないため、本人も気がつかないうちに円背が始まっていることも。高齢女性はホルモンの影響で骨粗しょう症になりやすくなっているので、ふだんの食事でカルシウムやビタミンDをしっかり摂っていきたいですね。また、適度に日に当たることや、ウォーキングなど骨に刺激が加わる運動をすることも骨粗しょう症の予防になります。

ただしすでに脊椎がつぶれて固まっている場合は、負荷をかけると痛みが出たり円背がさらに進行したりするため、日頃のケアで脊椎に負荷をかけないように配慮していくことが必要です。

寝返り介助のコツ

通常の寝返り介助では、左右どちらかに寝返っていただく場合、一度まっすぐ仰向けになってから反対方向に体を向けていきます。しかし円背が強い方は、仰向けで寝ることが難しくなっていますので、このやり方ではうまくいきません。仰向けの代わりに長座位(足を伸して座った状態)を利用しましょう。

まず横向きで寝ている状態から一度上体を起こし、ベッドの上で長座位になっていただきます。そのあと腕を相手の肩甲骨下と膝下に差し入れ、支えながら反対側に向けて体を倒します。横に向けることと体を倒すことは同時に行い、脊椎にねじれが生じないように気を付けましょう。

立ち上がり介助のコツ

立ち上がるときにはその準備として、体重を前に移動させ前傾姿勢になることが欠かせません。しかし円背が強い人は猫背になっているため、重心が後ろにあっても、一見すると前傾しているように見えることがあります。重心が後ろに残っているままではスムーズに立ち上がることができませんので、しっかり重心を前に移してもらいましょう。

まず手すりなどを握ってもらい、椅子やベッドの縁にあさく座ってもらいます。両足を後ろに引いてもらい、上体は股関節から曲げ、少し前へ倒してもらいます。介助者が両足を動かそうとしてもグラグラしなければ、ちゃんと重心が前に来ています。あとは介助者の手を相手の脇の下に入れ、もう一方の手で腰を支えて立っていただきましょう。

座り姿勢を楽にするコツ

車いす介助をおこなう男性介護職員

円背のある方は座り姿勢にも注意が必要です。背中が大きく曲がっているため、椅子の背もたれに背中が当たり、深く座ることができません。その状態で座り続けると、安定した姿勢を保てず椅子からずり落ちたり、腰回りの筋肉に余計な負荷がかかることで筋肉がこわばって、円背の進行にもつながります。

椅子に座っていただくときには、背もたれとの間にできる隙間に、たたんだタオルやクッションを入れて腰から下をしっかり支えるようにしましょう。こうすることで、痛みや筋肉への負担を防ぐことができます。

また、普通の車いすでは背もたれに背中がフィットしないため、隙間のある部分に負担がかかります。おすすめは、バックレスト(背もたれ)の張り具合を調整できる、モジュールタイプの車いすです。高齢者の背中の丸みに合わせてベルトをゆるめ、ぴったりフィットさせましょう。上体がしっかり支えられるため、安定した姿勢を楽に保つことができます。

安全な食事のための姿勢作り

円背のある方はそのままだと首が前に大きく傾いているため、飲み込みづらさや誤嚥のリスクから安心して食事を楽しむことができません。誤嚥しにくく、楽に食べられる姿勢に整えていきましょう。

まずは両足を床か足置き台にしっかり接地させ、安定したらゆっくりと顔を上げて背中を後ろに倒し上体を起こしていきます。椅子の背もたれと背中の間に隙間ができますので、そこをクッションなどで埋め、姿勢を安定させましょう。

また、テーブルの高さも円背の方にとっては高すぎることがよくあるので、食べ物が口に運びやすい高さになっているかも注意してみてくださいね。

小さな配慮で快適に

食事中のシニア女性にお茶を差し出すようす

老人性円背になる原因は人それぞれ。まずはその方の円背が、どのような背景を持っているのかを理解しましょう。多いのは、骨粗しょう症の高齢女性が脊椎の圧迫骨折を繰り返し、いつのまにか円背が進行してしまうパターンです。

この場合予防としてできることは、カルシウムなどの栄養素をしっかり摂って運動し、骨を強くしていくこと。また、脊椎に負担をかけない動作や姿勢を心がけること。ムリのない範囲でストレッチをし、周囲の筋肉が凝り固まらないようにほぐしていくことも大切です。

本人が痛みを訴えないからといって、他の人と同じケアでよいわけではありません。悪い姿勢を続けることで背中の湾曲がひどくなることもあります。そうなると起きていても寝ていても姿勢が限定され、呼吸もしづらくなりますし、視界が大きく狭まりコミュニケーションにも支障が出てしまいます。

車いすのバックレストの調整やクッションを入れる作業などは少し手間がかかりますが、小さな配慮で暮らしの快適さや安全性が大きくアップします。ぜひ毎日のケアに取り入れてみてくださいね。

参考文献:「介助が困難な人への介護技術―介護の技術をやさしく丁寧に解説」滝波順子/田中義行著 中央法規出版株式会社

“かいごGarden”は、介護職に特化した人材サービスを行っている
ツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。

介護のお仕事をお探しの方、お悩みの方はぜひ、ツクイスタッフにご相談ください!

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。