「介護予防健康アドバイザー」とは?資格の取得&活用法

資格・スキル

資格のコースが記載された用紙
介護にかかわる資格には、認知症関連やレクリエーション関連、トレーニング指導関連など、たくさんの種類があります。今回は運動に関連する資格のなかから、「介護予防健康アドバイザー」という資格についてご紹介しましょう。

介護予防健康アドバイザーとは、高齢者の体の状態について正しい知識を持ち、介護予防や健康維持に役立つ運動を指導できるようになる資格です。取得方法や費用、どのような活用方法があるか等、下記で詳しくご紹介していきますので、介護予防に関する資格を取りたいと考えている方はぜひご参考にしてみてくださいね。

介護予防健康アドバイザーとは

「介護予防健康アドバイザー」とは、お年寄りが運動を通じて健康的な暮らしを維持できるよう、適切なサポートをするための資格です。資格認定は「NESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)」という人材教育・資格認定団体が担っており、公的資格ではなく民間資格のひとつです。

高齢者の体の状態や、安全で効果的な体の動かし方、骨や筋肉、関節をよい状態に保つためのエクササイズ方法などを、テキストやDVDを通じて学んでいきます。介護予防に役立つ実践的な運動方法を学ぶことができるのが特徴です。

資格取得方法

勉強中の女性
この資格を取得するための受験資格はとくに設けられておらず、国籍・年齢・経験問わず誰でも受験可能です。受験するには、NESTAの監修を受けたユーキャンの通信講座「介護予防アドバイザー」を受講します。

通信講座の費用は税込29,000円。申し込むと、テキスト2冊、DVDなどの副教材に加え、3回分の添削問題が送られてきます。3回のうち最後の1回がマークシート式の検定試験となっており、提出して基準点を満たせば、認定証が発行され資格取得となります。もし不合格となっても受講期間中なら再受験が可能なので、資格取得の難易度は低め。

通信制なので、講師と直接かかわるセミナーや実習などは含まれておらず、代わりにメールで質問したりDVDで動きを見て学びます。自宅で自分のペースで学習を進めることができるのはメリット。標準学習期間は3ヵ月で、忙しい人でも気負わず取り組めるボリュームとなっています。

介護予防健康アドバイザー資格取得講座(ユーキャンホームページ)

介護予防健康アドバイザーが役立つシーンは?

手の運動をする高齢者と介護スタッフ
【高齢者施設で】
毎日のスケジュールに運動や体操を取り入れている高齢者施設は多いですが、それを指導するスタッフが専門知識を持ち合わせていないことがあります。そうすると、高齢者側も「こんな運動に何の意味があるの?」「疲れるからやりたくない」という気持ちになってしまいがち。

そんなとき、きちんと資格を持ったスタッフが「この動きがポイントです」「○○さん、この運動でこの筋肉を鍛えると歩行が安定しますよ」などと具体的に指導することができれば、高齢者も意欲を持って取り組みやすくなり、効果につながることが期待できます。

【家族の介護予防に】
介護予防健康アドバイザーで得た知識は、自分の親など身近な家族が年をとり、体の衰えが気になってきたときにも役立ちます。つい家族だと感情的になってしまいがちですが、資格を持っていることで、正しい知識に基づいた的確なアドバイスができるようになります。

【自分の健康維持に】
今はまだ介護は必要ないけれど、将来に備えて予防したいと考えている高齢者自身にとっても、有用なノウハウが詰まっています。実践的なエクササイズの知識が得られるので、日々の運動習慣に取り入れやすく、自分やパートナーなど身近な人の健康に役立てることができます。

類似資格との比較

ABC
介護予防運動に関連する介護資格は、ほかにもたくさんありますが、どれも国家資格や公的資格ではなく、財団や協会が認定する民間資格となっています。チャレンジするために受験資格が必要なものと、そうでないものがあります。資格取得にかかる日数とだいたいの費用もご紹介していますので、ご自身の資格や経験と照らし合わせて検討してみてください。

【受験資格として、特定の資格や実務経験等が必要】
○介護予防運動指導員
・日数:5日~1ヵ月程度
・費用:7~9万円程度
・事業団体:地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター

○高齢者体力つくり支援士
・日数:5日間
・費用:121,000円
・認定団体:公益財団法人 体力つくり指導協会

○介護予防運動トレーナー
・日数:4日間
・会員向け受講費用:55,000円+登録料:5,000円
・認定団体:一般社団法人メディカル・フィットネス協会

○介護予防指導士
・日数:3日間
・費用:54,000円
・認定団体:特定非営利活動法人 介護予防協会(R)

【受験資格がなく、誰でも受験できる】
○介護予防健康アドバイザー
・通信のみ・3ヵ月目安
・費用:29,000円
・認定団体:上記参照

○シニアフィットネストレーナー
・日数:2日間
・費用:63,000円
・認定団体:NESTA全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会

○介護予防運動スペシャリスト
・日数:3日間
・費用:未定ですが2019年度は42,600円
・認定団体:公益財団法人 日本スポーツクラブ協会

○中高老年期運動指導士
・日数:2日間
・費用:43,600円
・認定団体:公益財団法人 日本スポーツクラブ協会

※ご紹介した情報は2021年6月確認時点のものです。各資格について詳しくは、認定団体のホームページをご確認ください。

それぞれに高齢者の健康や運動方法について学ぶことができますが、介護業界での転職や就職活動を有利にすることを考えている場合は「介護予防運動指導員」がおすすめ。この資格での求人や、資格手当などのメリットがある場合もあり、仕事選びの幅を広げることができます。

もちろん、そのほかの資格も高齢者の健康運動に関するスキルの証明になります。資格手当等に直接結びつくことは少ないですが、求人に応募する際はぜひ履歴書に書いてアピールにつなげましょう。

≫こちらのコラムも参考に「介護予防運動指導員の資格とは?内容や利点をチェック!

大切な人にいつまでも元気でいてほしいから

笑顔の利用者様と介護スタッフ
介護予防に関する資格はさまざまな団体が認定していますが、「介護予防健康アドバイザー」の特色は、「完全リモートで資格取得が可能」ということではないでしょうか。ご紹介した類似資格のなかでは一番価格も手頃で、気軽に取得できる資格といえそうです。

本格的に仕事で活用し、評価につなげたい介護のスペシャリストには向きませんが、「今の仕事で少し不安があるから知識を補いたい」という方や、「家族のため」「パートナーや自分のため」など、プライベートで運動の知識をつけたいという方にはおすすめできる資格です。

身近にいる高齢者が、運動を嫌がって閉じこもりがちになっていたら心配ですよね。知識をつけることでうまくアドバイスができ、楽しく運動するようになってくれたら、こんなにうれしいことはありません。

いつまでも元気でいて欲しい人に対して「もう少し運動してほしいな」「アドバイスしたいけど上手にできない」、そんなモヤモヤを抱えたことがある人は、ぜひ取得を検討してみてくださいね。

“かいごGarden”は、介護職に特化した人材サービスを行っている
ツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。

介護のお仕事をお探しの方、お悩みの方はぜひ、ツクイスタッフにご相談ください!

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。