介護の送迎車を運転する人が知っておくべきこと

介護の仕事

男性送迎ドライバーイメージ

デイサービスやデイケアなどの通所介護では、利用者様の送迎も重要な仕事のひとつ。「朝と夕方だけ」といった短時間の募集や、介護の資格が必要ないことも多いため、介護に関わる職種としては比較的チャレンジしやすい仕事です。

しかし運転さえできればいいというような安易な考えで業務を行うと、転倒事故や交通事故、近隣住民からの苦情といったトラブルにつながることも。「体の不自由な人に安全に乗車・降車してもらう」「福祉車両の装置操作を正しく使い、安全を確保する」「マナーを守り、近隣に迷惑をかけない」という高い意識が必要です。

そこで今回は「通所介護の送迎」という仕事について、トラブルを避けつつ利用者様に安心して施設に通っていただくためのポイントをご紹介します。

介護の送迎に必要な知識と資格

デイサービスやデイケアなど、利用者様が自宅から日帰りで通ってサービスを受ける通所介護では、自宅から施設までの送迎も行うことになっています。この業務はタクシーなどとは違って「自家輸送」扱いとされており、普通自動車第1種運転免許があれば運転可能。タクシーの運転などで必要になる2種免許は必要ありません。

ただし送迎車を利用される要介護の方のなかには、乗車・降車に介助が必要な方や認知症の方も多くいらっしゃいます。まったく介護についての知識を持っていない場合は、介護の初級資格である「介護職員初任者研修」などを取得しておくとスムーズに業務に慣れることができるでしょう。運転手の他に介護スタッフが同乗する施設もありますが、それでも利用者様と接する場面はあるものです。

研修で身につけた知識は、認知症の方に対応するときやシートベルトの装着を手伝う際など、いろいろな場面で役立ちます。介護系の資格を持っていることをドライバーの応募条件にしている施設もたくさんあるので、興味のある方は取得を検討してみましょう。

>働きながら介護職員初任者研修の資格を最短で取得しよう

https://www.tsukui-staff.net/kaigo-garden/qualification/113/

車いす乗車時の事故に注意

利用者様を送迎者に乗せる様子

あまり考えたくはありませんが、介護の送迎中に交通事故が起こることもあります。万が一のとき、乗っている人の命を守るのがシートベルト。警察庁によれば、一般道路でシートベルトを着用していない場合、死亡率は着用時の3.3倍にも達します。利用者様が座られたら、必ずシートベルトを着用してもらいましょう。

注意すべきなのが、車いすのまま送迎車に乗り込む方の場合です。通常、車いすは交通事故などの強い衝撃を受けることを想定して作られておらず、頭部を守るためのヘッドレストもありません。実際に事故の際、他の人は無事だったのに車いすに乗っていた人だけが死亡するという、痛ましい事例も報告されています。介護の送迎ではできるだけ車のシートに座っていただくようにし、やむをえず車いすのまま乗り込む場合は、いつも以上に高い安全意識をもって送迎することが欠かせません。

まず車いすは備え付けの固定用フックで車両に固定しますが、ここがゆるんでいたり、フックを引っかける場所が適切でなかったりすると、停車や発進の際に車いすごと転倒する事故につながることがあります。スロープ・リフトの正しい使い方や固定フックの使用方法、車いすのどこを固定すれば安全かといった情報をしっかりと頭に入れておきましょう。さらに固定後は必ず安全確認を行うなど、細心の注意をはらうことが必要です。

車いすではシートベルトがかけづらいことが多いですが、腰の部分だけをおさえる2点式だと、衝撃の際に上半身が大きく揺さぶられ万が一の時に怪我が重症化してしまいます。利用者様の体の状態によっては3点式シートベルトをすることが難しいこともありますが、可能な限り使用して安全性を高めるようにしましょう。

そしてベルトを正しい位置に通すことも大切。肩ベルトは肩にかけ、腰ベルトは腰骨にかかる低い位置で締めるのが正しいかけ方です。また腰ベルトは必ず「アームレストの下」と「車輪スポークの間」に通すように。ベルトがおなかの上を通っていると、衝撃で内臓を損傷する危険性があるので注意してください。

介護の送迎車に求められるマナー

利用者様の移動が少しでもスムーズになるよう、送迎車はご自宅の近くにつけることが多くなります。このとき道の狭い住宅地ではとくに、道をふさいでしまい近隣住民の方の通行を妨げてしまいがち。介護サービス利用者の増加に伴い、最近そうした苦情も増えているようです。

一時的にどうしても道をふさいでしまうこともありますが、そんなときはできるだけ端に寄せるようにして、待ってもらった場合はお礼のあいさつや会釈などのマナーを欠かさないようにしましょう。またあらかじめ近所の方に本人やご家族から、何曜日の何時ごろ介護の送迎車が来ると周知していただくのもよいアイデアです。

身体の不自由な人を乗せている車は一般的に寛大な目で見てもらえることが多いですが、それに甘えてマナーがおろそかになってはいけません。常に「地域の介護を託される存在としてより厳しい目で見られている」という意識をもち、業務にあたっていきましょう。

ノウハウを教えてくれる講習会

上記のように介護の送迎には注意すべき点が多く、専門知識も必要となります。送迎専門のスタッフが担当する場合や介護スタッフが兼任する場合などがありますが、どちらの場合も事前に講習会などに参加して知識と技術を身につけておくと安心です。日本福祉車両協会が主催する「福祉送迎運転者講習会」では、福祉車両を安全に運転するためのノウハウを身につけることができます。

ひとつの会場に参加者が集まって行われる講習会は、今のところ新型コロナウイルスの影響から開催未定(2020年9月現在)となっていますが、そのほかにも講師が施設や事業所を訪問して行われる講習会プランが用意されています。送迎の際のチェックポイントを確かめ、業務の安全性を高めることに役立ちますので、ぜひ活用を検討してみてください。

>日本福祉車両協会{https://jwva.net/safety-driving

運転テクニックより思いやり

利用者様を思いやる介護スタッフ

介護の送迎で何よりも大切なことは、利用者様を安全に目的地まで送り届けること。移乗やシートベルトをかけるのに手間取ると、つい安全確認がおろそかになってしまったり、スピードを出したくなることがあるかもしれませんね。

しかし、介護の送迎車に乗っているのは要介護の高齢者ばかり。体に痛みがあったり、骨や皮膚がもろくなっている方々にとって、急加速、急ブレーキ、急ハンドルは体に大きな負担がかかります。健康な人なら何でもないようなことが怪我や痛みにつながる可能性があることを肝に銘じ、常に安全第一で運転することが求められます。そういう意味では、運転テクニックよりも「人の役に立ちたい」という気持ちのある方におすすめのお仕事です。

神経を使う責任の重い仕事ではありますが、思いやりある運転はきっと乗っている人に伝わるもの。慣れてくれば、利用者様やそのご家族からもらう感謝の言葉や笑顔に、大きな喜びとやりがいを感じることができますよ!

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。