未経験から始める介護のパート。選ぶときのポイントは?

介護の仕事

ガッツポーズする介護職の女性
「介護の仕事は未経験だけど、大丈夫かな」「パートの仕事ってどうなのかな」と思っている方へ。どんな分野でもそうですが、スムーズに慣れていくためにはスタートが肝心です。時給や立地だけで選んでしまうと、初心者向きではない職場にあたってしまうことも・・・。そうなると、介護の楽しさにふれる前に、くじけてしまうかもしれません。

ひとくちに介護のお仕事と言っても、さまざまな内容、種類があります。今回は、未経験の人がチャレンジする際におすすめの介護のお仕事について、詳しく紹介しながら解説します。自分に合った職場から、楽しく充実した介護のお仕事をはじめてみてくださいね。

まずは基礎知識を知っておこう

介護の仕事は、ざっくりと2種類に分けられます。ひとつは、入浴や排せつ介助、着替えなど、身体に直接触れる介助で、「身体介護」と呼ばれます。もうひとつは、調理、掃除、洗濯、お買い物など日常生活のお手伝いで、「生活援助」と呼ばれます。介護のお仕事は、この身体介護と生活援助が組み合わさっています。

介護サービスの種類は、訪問型と施設型の2つに分けることができます。訪問型では、高齢者の自宅に出向き介護サービスを提供します。施設型では施設に高齢者が集まり、そこで介護サービスを提供します。いずれのタイプでも、無資格でチャレンジできる仕事があります。

(1)訪問型

高齢者の自宅を訪問して行う介護サービスで、ホームヘルプとも呼ばれます。最初のうちは先輩がついて仕事を教えてくれますが、慣れてくれば基本的に一人で行うため、自由度が高く、多くのスタッフとやりとりするストレスがない点がメリット。しかしその分、適切に判断する力が必要など、大きな責任も求められます。

未経験から始める場合の注意点は、「資格がないと身体介護ができない」こと。無資格の場合にできる仕事は、掃除や洗濯、調理など、体に触れない生活援助だけに限られます。資格を持っているヘルパーさんに比べると仕事の幅が狭く、どうしても時給も低く抑えられがちです。

とはいえ、直接雇用ではなく、登録ヘルパーという働き方であれば、自分の好きな時間に好きなだけ働くこともでき、主婦の方やWワークの方には魅力的な職種といえそう。

未経験から始める場合は、しっかりと期間を設けて研修を行ってくれることや、フォロー体制が充実していること、資格取得支援の制度があるかなどをチェックしましょう。ホームヘルパーとして自信を持ち、幅広く仕事をしていくためにも、資格は早めに取得していきたいところです。

>働きながら介護職員初任者研修の資格を最短で取得しよう

(2)施設型

施設では、自分の他にも多くのスタッフが働いています。常に先輩たちの見守りや指導があるとみなされるので、無資格であっても直接体に触れて行う「身体介護」が可能。ここが訪問介護との大きな違いです。

施設型は、高齢者が自宅から通ってくるのか、それともその施設で暮らすのかなどによって、さらに細かく分けられます。高齢者が自宅で生活しながら、日中に通って介護サービスを受ける施設は「デイサービス」、短期間宿泊して介護サービスを受ける施設は「ショートステイ」、施設で生活する場合は「老人ホーム」「グループホーム」などがあります。

施設ごとに仕事内容に違いがありますので、未経験の方におすすめの施設については、以下でさらに詳しく説明していきましょう。

施設ごとの違いをチェック

施設にある車いす

(1)デイサービス

デイサービスは、自宅で暮らす利用者様が日中に通う施設ですので、基本的に夜勤はありません。また、比較的介護度の低い方が多い傾向です。中心的な仕事としては、利用者様の送り迎え、レクリエーションや食事、おやつの提供、入浴や排せつ介助など。レクリエーションで盛り上げたり、入浴をお手伝いしてさっぱりしていただいたりなど、利用者の方とコミュニケーションをとりながら行う仕事が多くなります。

人と触れ合い、会話することが好きな方なら、楽しさを見出しやすいのではないでしょうか。比較的、未経験からでも始めやすいお仕事です。

(2)グループホーム

グループホームは認知症をお持ちの方が、家庭的な雰囲気のなか、自立した生活を目指す施設です。身体的には元気な方が多いので、身体介護というより、一緒に掃除や洗濯などの家事をしたり、身の回りのお手伝いをすることなどが仕事の中心です。少人数で人の入れ替わりも少ないため、アットホームな雰囲気の施設が多くなります。

利用者様の自主性を尊重したケアが行われるので、ゆっくりとしたペースで一人ひとりと向き合えるのがメリット。認知症介護の経験がある方や、興味のある方におすすめの職場です。

(3)老人ホーム

老人ホームには、公的なもの、民間のものなど、いくつか種類があります。共通して言えるのは、24時間365日、途切れなくサービスを提供する必要があることや、入居者の介護度が高めであることなど。

未経験者の場合、はじめは入居者のお話相手やお茶出し、ベッドメイクなど、身体介護以外の仕事を担当することが多いはずです。慣れてくれば、徐々に体位交換や清拭、おむつ交換などの身体介護を任されるようになるでしょう。はじめは先輩に教わりながら、少しずつ技術を身につけていきます。

夜勤もあるので、教育体制が整っていない職場は避けた方が無難。幅広い分野の介護技術を学ぶことができますので、将来的に介護職としてスキルアップを目指したい方にはおすすめの職場です。

(4)ショートステイ

ショートステイは、普段は在宅介護で生活している方が、平均1~2週間程度の短期間入居して暮らす施設です。在宅介護を行う家族の出張や、休憩してリフレッシュするときなどに使われます。仕事内容は老人ホームと同様ですが、利用者様がどんどん変わっていくので、人間関係が複雑化しにくいのがメリット。また利用者様の介護度も、中程度の方が中心になります。

未経験からチャレンジするなら、老人ホームと同様に、教育体制が整備された職場を選ぶことがポイントです。

まずはデイサービスのパートから始めてみるのもおすすめ

デイサービスで働く笑顔の女性
未経験から介護のパートを始めるなら、おすすめはデイサービス。人と触れ合うことが大好きだという方にぴったりのお仕事です。次におすすめしたいのがホームヘルパー。時間の融通が利き、自由度高く働けるところが魅力です。ポイントは、資格取得支援制度のある事業所を選ぶこと。

将来的にパートから正社員を目指したいなど、介護職としてのスキルアップを考えているなら、教育体制や資格取得に力を入れている老人ホームなどもおすすめです。

しかし求人票を見ているだけでは、なかなか研修や教育体制が実際どうなのかまではわからないもの。「近所の施設に募集の貼り紙があったから」で失敗し、介護のお仕事をあきらめてしまう人も多くいます。

失敗を避けるには、転職エージェントに相談することも有効です。プロに相談すれば、あなたの希望に合った施設をアドバイスしてもらえます。お仕事選びで悩みや困ったことがあれば、ぜひ活用してくださいね!

>全国38支店展開で地元の情報に強い!ツクイスタッフに相談する

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。