義歯(入れ歯)の正しいお手入れ方法は?長く快適に愛用するために

使えるハウツー

入れ歯の手入れ義歯とは自分の歯を失ってしまったときに、その代わりとして使う人工の歯の総称です。入れ歯やブリッジ、インプラントなどが代表的ですが、とくに取り外すことができる義歯「入れ歯」は、保険適用で安価に作成できることもあり広く使用されています。

入れ歯には傷つきやすかったり乾燥に弱いといった、天然の歯と異なる特性があるため、それに合わせた正しい方法でケアすることが必要不可欠。今まで何となくお手入れをしていたという人は、入れ歯を良い状態で長持ちさせるためぜひチェックしてみてくださいね。

また入れ歯がガタつくなどの問題がある場合も、正しいお手入れでグンと快適に使えるようになる可能性もあるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

入れ歯のお手入れ方法

入れ歯の手入れ

毎食後のお手入れ

食事を終えたら毎回外して、表面についた食べかすを洗い流してください。また、その際口のなかをすすぐことも大切です。食事の食べかすを洗い流さず付着したままにしていると、悪臭の原因になったり、汚れが刺激となって口内炎を起こすこともあります。

1日1回のお手入れ

寝る前には入れ歯を外し、入れ歯洗浄剤を溶かした水に一晩浸して洗浄します。入れ歯に使われているレジンというプラスチックは水を吸う性質があるため、口の中の汚れも吸い込んでいます。水で流すだけでは吸い込んだ汚れまでは除去できないため、専用の洗浄剤に浸して洗浄することが欠かせません。

一晩洗浄液に浸した入れ歯は、朝つける前に専用ブラシでブラッシングして清掃します。洗浄液を付けて軽くこすったあと、水で流せばOK。ブラシは入れ歯用がおすすめですが、なければ毛先が柔らかい歯ブラシでも代用可能です。

このお手入れは入れ歯の洗浄という目的だけでなく、歯茎を休めるという目的もあります。入れ歯を入れっぱなしにしていると、歯茎が入れ歯で常に圧迫された状態になり血行が悪くなってしまいます。

そうすると歯茎が栄養不良になり萎縮して痩せてしまい、入れ歯が合わなくなってしまうことも。入れ歯がガタガタすると歯茎に当たって痛みが生じたり傷になるなど、トラブルの原因になります。就寝前には入れ歯を外してしっかり洗浄しつつ、歯茎を休養させる時間をとってください

※ただし睡眠中に歯ぎしりで歯茎を傷つけてしまう恐れが強い方などは、つけたまま寝ることを奨められることもあります。歯科医の指示にしたがってください。

入れ歯を使わないときの保管方法

入れ歯を水に浸ける
入れ歯はもともと口の中に入れて濡れた状態で使うことが前提の器具。入れ歯の材料に使われているレジンは、乾燥すると亀裂が起きたり割れやすいという性質があります。そのため入れ歯を使わないときは、いつも水道水に浸けた状態で保管してください。

長く浸けておいた場合は、水の中で雑菌が繁殖している可能性もあるので、入れ歯用ブラシで軽くブラッシングし、流水で流してから使用しましょう。

入れ歯の破損を防ぐために

入れ歯は意外に壊れやすく、ちょっとした衝撃でも欠けたり割れたりすることがあります。一番多いのが、ブラッシング中に洗面台に落としてしまい、入れ歯を破損するケース。

ブラッシングはいつも水を溜めた洗面台や洗面器の上で行うようにすると、万が一落としてしまったときも安心です。また保管場所も一箇所に決めておくと、紛失や不意の落下を防ぐことに役立ちます。

保険で作成した入れ歯は、作成後6ヵ月を経過しないと新しく作り直すことができません(修理や調整は6ヵ月以内でも可能)。作ってすぐに修理ができないほど破損したり紛失したりしないよう、気を付けてくださいね。

やってはいけないこと

歯磨き
入れ歯を使っていて黄ばみなどの色素沈着が気になると、つい美白歯磨き粉などをつけて硬い歯ブラシでゴシゴシこすりたくなりますが、これはNGです。

市販の歯磨き粉には研磨剤が入っており、これをつけて歯ブラシでこすることで入れ歯に細かい傷がついてしまいます。そこに雑菌が入り込んで繁殖しやすくなり、汚れや悪臭の原因に・・・。もちろんメラミンスポンジでこするなども、細かい傷がつくので絶対に止めてくださいね。

また、消毒をしようとして熱湯をかけたり、煮沸しようとする人もいますがこれも厳禁です。熱で柔らかくなり変形してしまいますし、劣化もしやすくなります。アルコールでの消毒も同様に、変形や変色の恐れがあるため避けてください。

入れ歯は自分の歯茎の形に合わせて調整してありますので、少しでも変形すると違和感を感じたり、ずれて痛みが生じたりします。入れ歯用洗浄剤を適切に使用していれば別途消毒する必要はないので、安心してくださいね。

入れ歯が破損したらどうする?

入れ歯の調整
入れ歯が割れたり欠けたりしたときは自力で直そうとせず、速やかに入れ歯を作成した歯科に修理を依頼してください。欠けた歯があればとっておいて、一緒に持っていくとスムーズです。

くれぐれも市販の瞬間接着剤などで自分で修理し、そのまま使用しないでくださいね。自己流で修復すると必ずズレやゆがみが生じ、歯茎やあごに負担がかかりますし、強度も足りないため口の中でまた割れてしまうこともあり危険です。

自分で中途半端に接着してしまうとかえって完全な修理が難しくなり、作り直しになるリスクも。そもそも市販の接着剤は口に入れる前提で作られていないため、有害な成分が口の中で溶け出し健康被害を及ぼす可能性も考えられます。

入れ歯の破損は歯科医院に持ち込めば、比較的簡単に修理してもらえます。プロに依頼するのが一番早くて安心、確実です。

合わない入れ歯は放置せず調整を

歯医者が歯の状態を確認
加齢に伴い歯茎はやせてくるため、使っているうちに最初はぴったりだった入れ歯でもだんだん合わなくなってくるものです。よいコンディションで入れ歯を使うためには、必ず歯科で定期的に検診をうけ、歯茎に合わせて調整をしていきましょう。

合わない入れ歯をそのまま使い続けると、入れ歯がガタついて繰り返し負担をかけることで歯茎が傷つき、萎縮が進んでしまいます。入れ歯は歯茎を土台として支えられているため、歯茎が弱ってしまうと最終的には入れ歯を入れられなくなることも。

歯茎とのズレが軽度のうちなら、入れ歯の裏に隙間を埋める裏打ち材を貼ったり、入れ歯が歯茎と当たるところを削るなどの処置をすることで、簡単にサイズを合わせたり痛みをとることが可能です。

また使っているうちに人工歯もすり減って、噛み合わせが狂ってきますが、これも軽いうちならすり減った人工歯の上にプラスチックを盛って直すことができます。

我慢して隙間やすり減りが大きくなると、体にも負担がかかりますし調整も難しくなるので、ぜひ軽度のうちに歯科で調整をするようにしてください。

手入れの行き届いた入れ歯で快適に

笑顔で食事
自分の歯をなくしたまま放っておくと、食べる楽しみが損なわれるだけでなく低栄養の原因になったり、歯が抜けてできた隙間に残っている歯が傾くなどして噛み合わせも狂ってきます。また容貌や発音に問題が生じると、人とのコミュニケーションがおっくうになり閉じこもりがちになる原因にも。

歯を失くしたらできるだけ早く入れ歯をつくり、歯茎にフィットするよう調整してもらいましょう。その後も定期的に検診を受けて調整を繰り返すことで、ガタつきやゆるみ、痛みなどのない、快適に噛める状態をキープすることができます。

入れ歯の状態が良ければ、自分の歯を失ってもまだまだ食べることをあきらめる必要はありません!ぜひ上手に活用して、好きなものをおいしく食べられる幸せを満喫していきましょう。

こちらのコラムも参考に≫後期高齢者こそ歯科検診を!健康長寿の秘訣は「歯」

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGarden noteとは?

かいごGarden noteは、介護の求人サービス「かいごGarden」が運営する介護の情報サイトです。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報などを掲載しています。