高校生のアルバイトに介護という選択肢を。メリットいろいろ

介護の仕事

笑顔の女子学生

「高校生と介護の仕事」・・・なんだか突飛にも聞こえるこの組み合わせ。そもそも高校生に介護の仕事ができるとは思っていなかった人が大半ではないでしょうか。でも実は高校生と介護現場との相性は悪くないどころか、むしろピッタリといえる面がいくつもあるのです。

今日は介護の資格や経験がなくてもできる高校生の介護アルバイトについて、仕事内容やメリット、注意点などをご紹介します。

若いときに経験して学んだことはかけがえのない財産。その後の人生のいろいろな場面で自分を助けてくれます。将来福祉の道に進みたいと考えている人も、まだ何も決めていないという人も、アルバイト選びの際にはぜひ「介護」というジャンルも選択肢に入れてみてくださいね。

高校生アルバイトの仕事内容は?

ひとくちに介護の仕事といっても、お年寄りの体に直接触れて介助するものから、お話相手になるといった間接的なものまで、幅広い内容があります。高校生アルバイトの場合はその中から、レクリエーションの準備のお手伝いや入浴後のドライヤーかけなど、資格や経験がなくてもできる仕事が任されます。

主な仕事内容をいくつか挙げてみましょう。

  • レクリエーション・・・準備物の制作補助。会場作りの手伝いなど。
  • 入浴時・・・脱いだ服を集める。タオルや着替えの用意。入浴後のドライヤーかけ。水分補給の準備など。
  • 食事、おやつ・・・調理補助。食事の配膳。後片付けなど。
  • その他・・・利用者様の見守りやお話相手など。

排泄介助や移動介助、清拭など専門的な知識やスキルが必要な業務は、基本的に高校生アルバイトに任せることはなく、資格や経験のあるスタッフが中心になって行います。

高校生の現場貢献に期待大

人手不足に悩む介護現場では、スタッフ一人ひとりにのしかかる大きな身体的負担が問題となっています。そこで今、注目されているのが高校生アルバイト。資格がなくてもできる仕事を高校生アルバイトに任せることによって、スタッフがよりコアな仕事に専念できるようになり、現場の負担減につながることが期待されています。

株式会社ツクイが取り組んでいる「介護のミライ~高校生バイトプロジェクト」では、2019年7月時点で32名の高校生アルバイトが活躍し、導入した事業所ではスタッフの残業時間が14.3%減少したということです。それ以外にも、「高校生の前で恥ずかしい仕事はできない」と気が引き締まったり、施設の雰囲気が明るくなったりと、よい影響があったという感想も寄せられているんですよ。

>グッドデザイン賞受賞。高校生ケアサポーター~介護スタッフの負担を減らし高校生と介護を繋げる新しいアルバイトの形~

{https://recruit.tsukui.net/l/change/action/high_school.html}

利用者様にも喜んでもらえる

お年寄りとふれあう女子学生

自分の孫やひ孫のような若い世代と接することは、利用者様に気持ちを若々しく保ってもらうことにもつながります。高校生が緊張しながらも一生懸命に仕事に取り組む姿は、それを見ている高齢者の方々に元気を届けます。サービスを受けることが楽しみになったり、意欲的になったり、コミュニケーション量が増えたりと、利用者様にとってもよい変化が起こるといわれています。

働く高校生本人にとってのメリット

介護に限らずすべての業種にいえることですが、アルバイトは「大人の階段をのぼる第一歩」。甘えは許されず、自分の行動に責任をもって対応しなくてはなりません。

そんな中で介護の仕事の一番のメリットは、多くのお年寄りに温かい目で見守ってもらえること。お年寄りとの触れ合いは心を温めてくれ、仕事の楽しさややりがいにつながります。

また利用者様の人生経験も、働くスタッフの年齢や環境もさまざまに異なるため、多様な価値観に触れることができます。学校と家庭だけだった世界がグンと広がり、これからの進路を考える際のよい材料に。とくに福祉関係に興味のある学生のみなさんなら、介護の実情や課題も知ることができメリットが大きいでしょう。

介護のアルバイトはシフト制が多く、比較的時給が高いということも高校生にとっては魅力的です。介護施設によりますが、週に数回、2~3時間から働けるところも多くあります。また、夕方はスタッフが手薄になりやすい時間帯なので、学校が終わってから働きたい高校生のニーズにマッチ。学業と両立しやすく、夜に繁華街などでアルバイトするより保護者が安心できるところもメリットです。

注意すべきこと

では次に、高校生が介護のアルバイトをする際注意すべきことを見ていきましょう。まず介護の仕事はチームワークを重要視しておりますので、急に休むと周囲のスタッフに迷惑がかかってしまいます。もちろん体調不良などの理由であればためらわず休むべきなのですが、試験期間にぶつかったから、部活が長引いたからなどの理由で、急な欠勤・遅刻をするのはルール違反。

介護に限らずどの仕事でもいえることですが、アルバイトも立派な戦力として期待されており甘えは禁物です。事前にシフト希望を出しておけば、ちゃんと休みをもらうことができますよ。また、自己管理不足で体調を崩しても周囲に迷惑をかけてしまうので、体調管理にも気を配りましょう。

また介護の仕事の特徴として、利用者様のご家族の方と接する機会もあります。きちんとした敬語が求められるシーンもあり、高校生にとっては勉強することが多いかもしれません。社会人としてのマナーを身につけられる良い機会、と前向きにとらえてみてくださいね。

介護アルバイトで貴重な経験を得よう

笑顔あふれる学生たちの様子

介護職は責任の大きい職種ですが、楽しさや幸せをもらえる仕事。自分と関わった方が元気を取り戻したり、できることが増えたりするうれしさは格別です。利用者様のお話は知らないことが多くて面白く、「ありがとう」と言ってもらえると心がほっこり温まります。

また、老いや死を身近に感じることは若い人にとって貴重な人生経験であり、とてもよい刺激になるでしょう。人と関わることが好き、福祉に興味がある・・・そんなあなたはぜひ高校生のうちに、介護のアルバイトにチャレンジしてみてくださいね。

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGardenとは?

“かいごGarden”はツクイスタッフが運営する介護の情報サイトです。介護に関する情報をお届けいたします。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報なども掲載しています。